Cause We Got

ほとんど私設秘書のよう?電話代行サービス!

単なる取次ぎではない!

定額制の電話代行サービスというものがありますが、単なる取次ぎではなく、用件に応じて担当者にメールで連絡がいきます。連絡アドレスの登録は無制限なので、担当者全員が連絡を受けることができます。もし、担当者が不在である場合、指定の内容に従って相手に伝えるで、取引相手に不信感を与えずに済むわけです。勧誘やセールスの電話に対しても、適切に対応できるので、不意に仕事を中断することがなくなるでしょう。勿論、セールス電話等を受けるよう指示することも可能です。

専任オペレーターで安心!

定額制の電話代行サービスには格安なところもあり、在宅オペレーターを使っている場合もあります。そのような場合、電話口から子供の声などが聞こえてくる事もあり、取引先に良い印象を与えません。やはり、電話応対の教育を受けた専任のオペレーターがいる会社を選ぶべきでしょう。また、電話代行サービスの会社には、通販受付等と兼業している会社もあり、オペレーターの必要人数を満たさない事もあります。話中等のリスクを回避するためにも、電話代行専業の会社を選ぶのがいいでしょう。

万が一の時のバックアップ体制もポイント!

電話代行は単なる取次ぎではないわけですが、それは連絡メールの内容編集にも現れています。取引先からの電話内容を全て書き起こすと相当な量になることもあるので、いかに要点をまとめるかが大切になります。そこには、やはりオペレーターの秘書的スキルが要求されるわけです。また、災害等の緊急の時にも対応できるバックアップ体制があるかどうかも、電話代行会社選びのポイントになります。顧客視点の会社であれば、当然そうした体制がとられていると言えるでしょう。

電話代行とは、依頼者の代わりに電話の応対をするサービスのことです。仕事・接客中・運転中・商談中といった電話に出られない時に、代わりに電話に出られるようにすることができます。

Comments are closed.